しつこいニキビは化粧水を変えれば引っ込む

炎症を鎮める事が大事

婦人

ビタミンC誘導体の入った化粧水を使えば、ニキビ肌を改善に導いてくれるでしょう。さらに、グリチルリチン酸が配合されている化粧水なら、ニキビの炎症を抑えてくれます。肌の細胞が生まれ変わるのには、1か月ほどかかるので、根気よくケアをしていくことが大切です。

セットで対策を取ろう

女性

大人ニキビはできる要因が複雑に絡み合っており、なかなか一つだけ改善すれば治るというものではありません。そのため、大人ニキビケアに特化した洗顔料と化粧水をセットで使うことによって、汚れを落とし、清潔に保湿することができます。

洗顔のリスク

手

ニキビの予防や改善に洗顔や化粧水を利用した保湿は欠かせないことです。しかし、洗顔にもリスクはあり、過剰な洗顔を行うことで肌を傷付けてしまうことや、乾燥しやすい肌になってしまう場合がありますので注意が必要です。

大人の肌荒れにはこれ

化粧水

どうして肌荒れするのか

ニキビは思春期に多く見られる肌荒れ症状の一つですが、大人になっても悩んでいる人は大勢います。大人になって出来てしまうニキビの事を大人ニキビと言ったり吹き出物と言ったりします。なぜ大人になっても肌荒れをしてしまうのかと言うと、単純に言えば肌の状態が悪いからです。他にもストレスが原因で出来てしまったり、不規則な食生活できちんと栄養補給が出来ていなかったり、肌が乾燥している為に肌のバリアが弱くなってしまって肌がニキビに負けてしまったりという原因があります。ストレスから来ている肌荒れの場合には出来る限りストレスのない生活を送れるようにする事を心がけましょう。また食生活の乱れが原因の場合には、外食の頻度を減らしたり自炊をする等して、野菜や肉や魚などをバランスよく取るように生活をしましょう。肌が乾燥している場合には化粧水で肌の乾燥をこれ以上悪化させないようにしましょう。よく顔の皮脂が多いからオイリー肌だと勘違いしている人もいますが、実は肌が乾燥していて様々な刺激を受けやすくなっている状態で、それを守ろうとして肌が異常な量の皮脂を出してしまっているというパターンもあります。なので肌の水分量を測定してもらえる化粧品売り場のコーナー等に行き、水分量を計ってもらうと自分が乾燥肌かどうか分かるはずです。このようにニキビが出来てしまう原因は様々ありますが、正しいスキンケアをする事や自分の肌質に合った化粧水を選ぶようにするだけでニキビの出現率は大幅に減ります。肌が乾燥気味の場合には特に化粧水を高保湿のものにするなどして、大人ニキビを作らないようにしっかりと化粧水でスキンケアをしましょう。